保育士殺害犯人は同僚30代の男だった!動機や殺人の理由は恨み?逆恨み?

この記事は1分で読めます

杉並区保育士殺害事件の犯人が発見されましたね。

どうやら同僚の男性が捕まったようで、犯人が捕まってよかったです。

 

しかし、被害者の方が子どもたちのために働いていた職場でそんな殺人鬼が潜んでいたと思うと心が痛いです。

この記事では杉並区保育士殺人犯人の殺人の動機について調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

杉並女性保育士殺害の犯人の動機は?

調べてみたところ、まだ発表はされていません。

 

ただ、犯人が屋根からベランダに侵入し、窓ガラスを焼き切って侵入し、照井津久美さんの家の包丁を使ったという殺害方法だったんですよね。

そのため、犯人が窃盗目的かと思われていたんですが、犯人は同僚だったため、窃盗目的ではありませんでした。

 

照井さんが結婚の予定があったため、逆恨みや男女関係のトラブルがあったのではないかと考えられます。

 

屋根をつたってベランダに侵入し、窓ガラスを焼き切って侵入するという方法であると、どんなに防犯していても防げないですよね。

 

照井さんや婚約者のことを考えると本当に卑劣な事件だなと思います。

 

犯人が逮捕されたとしても被害者の方は戻ってきません。

 

せめて、犯人に厳格な処罰が下されることを願います。

 

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。