お笑い

プロフェッショナルで放送の小藪新喜劇の密着内容は?なぜ売れても出続けてる?

みなさんこんばんは~!

うきわまんです(・ω・)!

 

さて、テレビを見ていて大好きな番組の「プロフェッショナル」を見ていたんですけど、

お笑い芸人の小藪さんに密着取材されていました!!

小藪さんのことはテレビで見ていてちょっと怖い印象があったんですが、見ていてすごく仕事熱心で熱い人なんだなぁと感動してしましました!

 

この記事ではプロフェッショナルで紹介された小藪さんの仕事っぷりについて紹介させていただきます!

スポンサードリンク

小藪さんのプロフィールは?

本名 小籔 千豊(こやぶ かずとよ)
生年月日 1973年9月11日
出身地 大阪府大阪市住吉区
血液型 B型
身長 188cm

小藪さんは1993年から活動されているそうです!

長いこと小藪さんの存在は認識していましたが、まさか25年以上活動されているとは思っていなかったので、

個人的にとてもびっくりしました…!

 

もともとは「ビリジアン」というコンビを山田知一さんと組まれていましたが、

2001年にコンビの解散を持ち掛けられたそうです。

スポンサードリンク

プロフェッショナルで放送された小藪さんの新喜劇密着内容は?

小藪さんは現在吉本新喜劇の座長を務められています。

小藪さんが東京で売れても新喜劇に出続けるのは新喜劇の恩返しのためとのことでした!

 

小藪さんは現在吉本新喜劇の座長を務められているため、劇の内容まで考えられております。

 

しかも、台本が完成するのが本番前日で出演者全員で必死にセリフ合わせをしていました。

そして、やっとステージで合わせたのが前日の夜22:00でした。

 

あんなに完璧に劇をこなしているのに台本が完成したのが前日だったなんて思えません。

それだけ、みなさん舞台に立つのに慣れているんですね。

 

そして、初回が終わったあとも息つく間もなく台本の手直しをしてより面白い内容にしようと試行錯誤されていました。

 

そして、大阪で大きな地震があった際も、出演者が半数が来れないとなればいる人がいない人のセリフを覚えたり、

たまたま劇場にきていた新喜劇のほかのメンバーを捕まえて急遽出演をお願いしていました。

 

ふつうは公演中止になるかと思いますが、どうにか舞台を成功させていました。

その日の公演はどうにかやりきりお客様の拍手もあたたかったそうです。

 

 

そもそも、小藪さんは現在はピンでやられておりますが、もともとは「ビリジアン」というコンビを組まれていました。

しかし、2001年に相方から解散を申し出られます。

小藪さんはこの時、一番近くにいた人から「面白くない」と言われたように思えたそうです。

 

解散のあと同年に新喜劇に誘われます。

小藪さんは現在の奥さんと結婚するため安定した収入が必要でした。

そのため、新喜劇に誘われて安定する!!と思ったそうです。

というのも小藪さんは新喜劇に対して「よしもとの公務員」という印象があったからです。

 

しかし、実際は全然違ったそうです。

 

確かに毎日のように舞台がありますし、新喜劇に出られている方は印象的でずっと出ているイメージがありますよね。

私も新喜劇に出ている人は安定して仕事があるイメージでしたが、はじめは1ステージでセリフが一つだけという状況でステージに出たお給料がたったの「1250円」だったそうです。

 

びっくりですよね。大学生のアルバイトの時給に少しプラスがある程度ですよね。

多くのお客さんの前に立っている人の出演料とは思えません。

 

しかし、バイトを続けながら新喜劇に立ち続けて、2005年にはついに31歳という若さで座長に就任されました!

こうした経緯があり新喜劇に対して感謝があり、お返しをするという東京に進出しても新喜劇出続けているそうですよ。

 

「仕事は面白くなくてナンボ」と語っていました。

これだけ苦労されてきた小藪さんだからこその言葉ですよね。

まとめ

以上、プロフェッショナルで紹介された小藪さんの新喜劇密着についての紹介でした!!

小藪さんに対してのイメージが仕事熱心な人という印象になりました!

これからも頑張ってほしいです!

 

スポンサードリンク