話題

津軽三味線で世界一になった鈴木利枝さんとは?世界中を旅をしたのはなぜ?

みなさん、こんにちは!

突然ですが、三味線に対してどんなイメージを持っていますか?

日本を代表する楽器

静かで綺麗なイメージ

津軽!!!

そんなイメージを持つ人が多いんじゃないでしょうか?

 

10/22放送の「激レアさんを連れてきた。」で、

超強引な父親に連れられて、世界中でサバイバルの旅をさせられた結果、なぜか津軽三味線の日本一になった人

として、鈴木利枝さんが紹介されます!

 

そんな津軽三味線の数々のコンクールで優勝を果たす鈴木利枝さんについてこの記事では紹介します!

スポンサードリンク

 

鈴木利枝さんのプロフィールは?

鈴木利枝
自己紹介
温泉大好き、津軽三味線奏者です出身校:APU
ホームページ:http://syamie.com/
趣味:温泉巡り
長所:背が高くて、どこでも見つけてもらえること
短所:背が高くて、どこでも見つけられてしまうこと

ちょっと自慢できること:津軽三味線全国大会女性部門で2回優勝!

引用:津軽三味線 鈴木利枝 ~とっしーのドタバタ三味線日記~

温泉が好きなんですね!!

なんだか親近感湧きます!!!

スポンサードリンク

 

津軽三味線は独学で学んだの?

鈴木さんのブログによると10代半ば~20代、東京大会で優勝頂くまでの期間が独学だったそうです。

 

最初、三味線を始めた中学生のとき名古屋で藤秋会さんにお世話になり

今は1年半程、唄づけを澤田勝仁先生にご指導頂いております。

とのことですから、完全に独学ではないものの誰かに付きっきりで教わるのではなかったということですね!

 

世界中を回ったのはなぜ?

鈴木さんは小学校高学年でおばあちゃんの家に三味線があったことをきっかけに出会ったんだとか!

それがきっかけで中学生のときに津軽までいったけれど、人間不信になる出来事に直面してしまい、中学にも高校にも通えなくなってしまったそうです。

 

そんな娘を見かねた父親が、精神的に成長させようと過酷なアジア放浪に連れ出したんだとか!

ちなみにそんな過酷な旅に出たときの鈴木さんの年齢は15~17歳の間だったそうですからビックリですね!

 

鈴木さんが巡った国は?

鈴木さんが今まで巡った国は、

アメリカ、タイ、マレーシア、シンガポール、カンボジア、インド、ネパール、インドネシア、韓国、中国、台湾、スペイン

だそうです!

 

気になる父親の職業は?

鈴木さんが三味線に取り組むようになるとお父さんは自分の仕事を整理し、学ぶなら本場で!と津軽に移り住んだんだそうですよ!

 

そんな気になるお父さんの職業ですが、はっきりと情報は出てきませんでしたが、

実は9月3日~同じ場所で父の個展が始まります

ある意味親子共演(?)

父は謎の人(?)と思われていますが(笑)木版画をします

各展覧会、ビエンナーレで賞をいただいた作品も展示予定で

小さい作品は販売もします

用:津軽三味線 鈴木利枝 ~とっしーのドタバタ三味線日記

木版画をやられていらっしゃるようですね!

 

各展覧会やビエンナーレで賞を頂いたりと娘である鈴木さんだけでなくお父さんも芸達者なんですね!

すごい親子です!!

スポンサードリンク